写真写りを良くする撮影用メイクポイント

 

DPP_896-1

最近ポートレ-ト撮影が多い中、撮影用メイクに気を使っている部分を紹介します。

ナチュラルメイクで撮った写真は、顔全体がボヤけてパッとしない印象になってしまいます。

私のメイク術なので、ほかの方と違うかもしれませんがご参考にしてみてください。

特に一番念入りに作り込んでいくのは目元です。

ここが肝と言っていいくらい時間をかけています。

アイシャドウの色は特に重点は置いていません。が目の枠組みのラインをしっかり描きます。

①黒目の上くらいからしっかり目じりに、目じりから下のラインを三分の一から半分くらい目の囲みラインを書きます。

②下のラインはしっかり目じりから目頭までハイライトを入れます。ハイライトがない場合、アイシャドウの白がありましたらそれでもOKです。

この①②が有ると無いとでは写真写りが全然違うんです。

勿論、まつげはしっかりビュ-ラで上げてマスカラを扇状に伸ばすような感じで塗っていきます。

あと口紅はピンク系にグロスを乗せて透明感唇にします。けして濃い口紅は使いません。

目元と口元だけでもしっかりと作り込んでさえいれば、全体にバランス良く顔が締まります。

もちろん他の部分もしっかりできればそれに越したことはないですけど。まずは目元口元を重点に置いて写真写りの良いメイク仕上げにしてみてください。

あくまでも私流撮影メイク術なので・・・参考程度にね^^

あとは、メイクレッスンでもお伝えしております。

 

DPP_758-5

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP